MENU
横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院

【ダッシュボード損傷】交通事故治療なら横浜・旭区の鶴ヶ峰接骨院

横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院


横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院


横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院


横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院


横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院


横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院

横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院

交通事故治療を専門としていて病院から転院で通う患者様も多いのが横浜市旭区鶴ヶ峰接骨院です。

 

横浜市旭区の鶴ヶ峰接骨院の交通事故治療では、急性期だけではなく後遺症の根本改善にも力を入れています。

 

交通事故の後遺症は、外傷が治癒したり事故から時間が経ってから発現する痛みやしびれなどの不快な症状です。

 

むちうち症状とダッシュボード損傷

横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院

よく知られているのはむちうち症による首の痛みや腰痛です。

 

むちうちは、交通事故の衝撃で身体が大きく振られて、可動範囲を超えて動いた頚椎や腰椎の骨格がずれて筋肉やじん帯も損傷して痛みが出る後遺症です。

 

交通事故の後遺症は、むちうち症の他にもいろいろなタイプがあります。

 

ダッシュボード損傷後の後遺症はそのひとつです。

 

ダッシュボード損傷というのは、急停車や追突の瞬間の衝撃で身体が大きく前に出てダッシュボードに膝などを強打することで負う怪我です。

 

ダッシュボード損傷と言っても、後ろの座席にいた人が前のシートの裏側に身体を強く打ち付けたケースでも同じような怪我をします。

 

ダッシュボード損傷では、膝のいわゆるお皿と言われている部分の骨折や裏側のじん帯の損傷など重篤でしかも治りが悪い怪我が多いのが特徴です。

 

また膝を90度に曲げた腰かけた姿勢で膝を強打するため、その衝撃が腰椎や股関節、骨盤にも及んで骨格や関節がずれることがあります。

 

腰椎や股関節、骨盤のずれは、むちうち症同様膝の怪我が治ってからも腰痛などの後遺症をもたらします。

 

またダッシュボード損傷では、膝のじん帯の損傷や骨折の治療後に膝周辺の筋肉がこわばって動かしにくいなどの後遺症が見られるケースもあります。

 

レントゲン検査では骨折しているかの診断がメイン

横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院

こうしたダッシュボード損傷後の痛みなどで整形外科など病院にかかると、骨の状態を検査するためのレントゲン検査があります。

 

しかし、むちうちなど後遺症の痛みを起こしているのは骨格の歪みやずれ、それによって起こった筋肉やじん帯の損傷なのでレントゲンでは確認ができず、経過観察とされるのが一般的です。

 

横浜市旭区の鶴ヶ峰接骨院には病院から転院の患者様も多く、後遺症を原因から取り除く歪みとずれの矯正施術でリバウンドのない根本的な治療をしています。

 

交通事故による後遺症治療は横浜市旭区の鶴ヶ峰接骨院におまかせください。

交通事故によるむちうちやその他の相談内容などお問い合わせはこちら

横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院


横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院


交通事故トラブル・法律関係処理は交通事故専門の弁護士に相談しましょう。
横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院


横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院


横浜市旭区の交通事故・むちうち治療なら鶴ヶ峰接骨院におまかせ!
横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院


横浜市旭区,交通事故治療,むちうち,整骨院